テーマ:ロックオペラモーツァルト

和田アッコ姐御と水木一郎兄貴とコージさん

ロックオペラモーツァルトの舞台のCD。 予定より少し遅れて完成し、6月になってからようやく届いた。 私が注文したのは 中川晃教モーツァルト・山本耕史サリエリ。の「ルージュバージョン」。 セリフも一部残して曲をつないだライブ盤だ。 ローゼンベルク湯澤氏の声も聞けるし パネェ北原瑠美女史のソプラノ~サリエリへの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最終回「洋犬コージーにじゃれつく幼犬アッキー」 2つのモーツァルト(12)

入れ替わり、模索し、ぶつかり合う。 向き合い、競い合い、認めあう。 光と影。 照らし、照らされ、 ライバルとなり 同士となる。 お互いがモーツァルトになり またお互いがサリエリになるという このおそろしくも素晴らしい舞台。 かつて経験したことないくらいに密にかかわらざるを得なかった、二人の共演者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンスタンツェ 「2つのモーツァルト(11)」

モーツァルトをめぐり 恋のライバルとなるウェーバー一家の姉妹 アロイジア(二女)とコンスタンツェ(三女)。 四姉妹の中でもっとも才能と美ぼうを備えていたアロイジア。 モーツァルトは夢中になり、彼女のためにいくつかのアリアを 作曲する。 姉に比べると美ぼうも才能も凡庸であった妹のコンスタンツェ。 アロイジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2つのモーツァルト(10)

昨夜は、もともと「アロイジアとコンスタンツェ」というタイトルで ロックオペラモーツァルトの登場人物の二人=姉妹役=のことを書くつもりだったのだが 話が閣下&SHIROHの方へ行っちまって コンスタンツェへたどりつかぬまま終わってしまった(・_・;) いや コンスタンツェどころか モーツァルトの舞台の話、ほぼ無かったや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アッキー→閣下→アロイジア 「2つのモーツァルト(9)」

顔がこーんなに小っちゃくて 首がこーんなに長くって 細ーくて 歌がたいそううまくて、ソプラノも自由に出て 品と貫禄もある謎の美女。 ロックオペラモーツァルトを一回観て 家に帰って一息ついて それからやっとその謎の美女アロイジアが AKANE LIV様だと知る。 (遅っ!) 彼女の名前は昨年 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グルグル回るデ。迫力のへさき、渾身の人力。 「2つのモーツァルト(8)」

ロックオペラモーツァルトのステージには 独特な 大きな船の一角の空間のような 高さのある(でもフチはない)セットが設置してあった。 場面転換のときだけでなく 演技中や 歌唱中にも そいつが動き、ぐるぐる回りだす演出。 船のへさきを思わせるカドの部分がせりあがってせり出しているように見えたが その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「艶めくテナー、ローゼンベルク湯澤、追い詰められる」 2つのモーツァルト(7)

たった2回観ただけでいつまで書いてるねん! というお叱りもなくありがとうございます(誰に言ってる?)。 ロックオペラモーツァルトには いろんな(不勉強な私が知らなかった)スゴイ人が出ていたけれども。 たとえば ヴォルフガング(モーツァルト)の姉、ナンネール役の菊地美香嬢。 歌がんまいっ。 父レオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「いるの? いらんの? 運命の辰吾」 2つのモーツァルト(6)

ロックオペラモーツァルトに鶴見辰吾が出演していた。 それも楽しみの一つだった。 特別にファンというわけでもないけれど めっちゃ若い時から注目され、いろいろあって テレビでお馴染みになりすぎちゃった感じもあるのに それでもオッサンになっても輝いている役者さんであり、 ちょい悪・ちょいエロが・ちょいイカスじゃない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「2つのCD。どちらを買うべきか。」 2つのモーツァルト(5)

ロックオペラモーツァルトの公演を収録したCDが 受注生産と言う形で作られることになった。 私もアッキーのFCを通じて注文した。 早く聴きてぇなぁ(5月末まで待て!) そのCD、 あわよくば2つとも買わせちゃる!との商魂…  でなくて!!! それぞれのバージョンを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冒頭の赤、結末の白。「2つのモーツァルト(4)」

サリエリが現れる。 彼の独白が始まる。 薄い幕の向こう側の高みにぼんやり見える亡きモーツァルトが サリエリの嘆きに無邪気そうにチャチャを入れ、 さらに彼(サリエリ)の苦悩が際立つ… 「・・・その名前は ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト!!!」 サリエリの叫びとともにいよいよ幕が上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

当日、こうして幕は開いた。「2つのモーツァルト(3)」

2月23日、土曜日。PM3:30。 チャリでとある駅まで走る。 この日は寒く、出る前に、思わぬ雨も降ったりして。 環状線で大阪駅に着く。 相変わらず人が多く、ホームを歩くのも一苦労。 やっと出来上がった阪急百貨店横の大通路を通り 茶屋町へ向かう。 やべ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パネェオペラ女史、北原瑠美のソプラノ 「2つのモーツァルト(2)」

ド派手なメイクと豪華な衣装に身を包んだ歌姫のアリア。 ロックオペラモーツァルトの第二幕。 歌姫の歌が中断し、サリエリの苦悩の曲にスイッチ。 そして、サリエリの歌の途中で、また彼女のソプラノが入る…。 この、サリエリと北原瑠美のコラボ、 たいへんドキッ&ゾクゾクとさせられた印象的なシーンでした(m'□'m) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2つのモーツァルト

(1)山本モーツァルト   = コージ王子の瞳☆ = ロックオペラモーツァルトを観た。 私が観たのは千秋楽前日2/23の夜公演①と 千秋楽(2/24夜公演)②。 (今頃書いてますが。) ①は中川晃教がモーツァルト役。山本耕史がサリエリ役。 ②は山本がモーツァルト、中川アッキーがサリエリ。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ロックオペラモーツァルト☆ルージュバージョン☆

いろんなことが起こって チケット申し込んだは良いが ほんとに行けるか心配だった今回の舞台。 (まぁ、今回に限らず毎回、いろいろハラハラですけどね。) 今日が私の初日でした、 「ロックオペラモーツァルト」 (※ネタバレほどのことは書かないが  明日しか見に行かない方は読まないでくださいね) 私が今日観たの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more