三上博史ラジオとFASCISTと9UEEN

ゆっくり書く余裕(脳みそと気持ちの余裕。そして集中力。)がないのでこんな盛りだくさんなタイトルにしてしもた(*´ω`)


またいずれ書きたいが
とりあえず今日は簡潔にまとめてみる。


1.NHKFMラジオの番組「夜のプレイリスト」に出演した三上博史。
 =今夜は「ヘドウィグ アンド アングリーインチ」の曲(オリジナルと、1曲は三上の歌)が紹介された=
 最後に今後の活動について、舞台に関して言及する場面があった。

 「これからも舞台をやっていくと思います。」と。

 
(この6月、寺山修司没後35周年の記念映画上映会での彼のトークを聴いたとき
ああ、もう三上は 舞台=芝居の=にはもう立ってくれないのかも…と思えて
とても悲しい気持ちになったんだ。)


 「これからも舞台を」そうはっきりと三上はラジオで言った。

できたらいろんなところでやりたい、会いに来て。と。

…行きますとも(T_T)






2.この前の9月9日、
 トリビュートバンドの祭典「大東ロックシティ」5周年記念ライブに行ってきた。
 
 FASCISTはやっぱり「ドキドキ」をくれる。
 
 (また後日記す、たぶん)


画像





























3.「大東ロックシティ」、もう1バンド、どうしても見たかった「9UEEN」

 フレディ・トオル・マーキュリーの素敵なキャラと魅せるステージングよ。

 9UEENは幸せな気持ちにさせる。

 (こちらもまた、後日。たぶん)

画像

おげんさんといっしょ

んまぁ~
おもしろかったね、「おげんさんといっしょ」。


みんながみんな、才能あふれる、
歌って踊れて
コメディのセンスもある人たち。


ぜんぶおもしろかったけど


高畑充希の「Family Song」の歌唱の美しさったら。
(姿は「お父さん」(笑))

源ちゃんの「Family Song」も好きだけど
源ちゃんのとは違う曲みたいに思え
高畑充希のための曲みたいになってた。



そしてもちろん「たかし子」。

生「ナンダカンダ」、ミュージカルバージョン=フリーダム編=(勝手に命名)、
もう素敵だったね。

(最後、歌ってないし(笑)  んもぉたかし子、最高)

氷川きよしの「傷だらけのローラ」

第50回 思い出のメロディー

野口五郎氏(と、西城秀樹氏と)の「ブルースカイブルー」、ステキだったな。


そして、氷川きよし氏の熱唱
「傷だらけのローラ」
素晴らしかった。
泣いた。



石丸幹二氏の「ゆけゆけ飛雄馬」のバックで
グリークラブの一員として参加した高瀬耕造氏ももちろん(≧∀≦)

ピカールくんと草太がイコール!?

びっくりした。
今年イチ、ビックリした。


「半分、青い。」のヒロインの弟「草太」役の上村海成くん。

あのときの… あの、2年前の舞台「ママと僕たち」の、「ピカール」くんを演じた子じゃないか。


きのう偶然それを知って。


おらぁ知らんかったん。

おらぁびっくらこいた。

ふぎょぎょ。





「ママと僕たち」には若手の人気俳優くんたちがたくさん出演していたが
私はほぼ知らないままに観に行って
(デーモン閣下が出演するから興味を持ってチケットを取った)

ピカールくん(おもちゃの人形)のあまりのキュートにクラクラしたんだ。

か、かわいい。

(当時、あのキャストの中では最年少だったらしいし、
 上村くん、「おもちゃの人形メイク」が似合っていて可愛くて
 最初、女子か?女子か?と思ったくらい。
 なんなの、あの可愛さ。反則じゃね?)


あの舞台で一番印象に残っているのがピカールくんだったほど。



そして今、少し大人になって、21歳の彼が演じる朝ドラの弟役。

それはそれで良い印象ではあったけれど

全然違う、全然違うもの、ピカールくんと草太。

びっくりした。


たしかに、考えてみれば
よく考えれば、似ている。
(「似ている」、もくそも、本人だから当たり前。)


でも、なかなかこの衝撃に慣れなくて。


(今日は、朝ドラで、草太ばっかり見てしもた(笑))







閣下の集ひ② 葬送曲アルバムの件、伝わるる。

しまった! 
忘れていたぞ!
今年の2月に行われたデーモン閣下の「集ひ」。

このときのことを2/14に
「閣下の集ひ①」としてこのブログに書いた。
そしてそこで終わっているという事実が発覚!



「①」と書いたからには続きを書くつもりだったのだろう、おそらく。


で、思い出した。
質問コーナーの件。


(また今ごろになってしまったが)




デーモン閣下のファンクラブの集ひではいつも
事前に閣下への質問を募集する。

集まったそれらの質問の中からいくつか選んで(けっこうたくさん)集ひの場で閣下が答えてくれるのだ。


この前の2月の横浜で行われた集ひにおいて、
その質問コーナーで私が出した質問が読まれた。
(読んでもらえたのは初めてではないが。)


私の(このブログにも2度ほど書いた)かねてからの希望を
「質問」という形で伝えることができたのである。



「閣下に葬送曲アルバムをつくってほしい」というもの。


まぁ厳密にいうとこれは「希望」であり「質問」ではないわけであるが

「作ってくれませんか?」という「無理やり質問形式」で送ったのであった(笑)



自分が死んだら閣下の曲と聖飢魔II の曲でお別れしてほしいと思っている。
閣下直々の監修の葬送曲アルバムがあれば、残された者に託しやすく、
キチンと受け止めてもらえると思う。
今までの閣下のソロ曲からと聖飢魔II の曲からのチョイスと、
さらに閣下が作った葬送用の新たな楽曲を入れたアルバムが欲しい。
信者のための葬送曲アルバムを作ってもらえませんか。

と。そんな内容だ。


できるだけ簡潔に訴えたかったが
やはり内容が内容だけにそこそこ長くなってしまったので
読まれないかもと思っていたが。



(閣下はこの質問に対し「う~ん」としばしうなっていた。
 私も、売れる見込みを考えたら、作るのは難しいだろうな。とは思っていた。
もちろん、私は3枚買うけれども(*´ω`) )



閣下はいろいろやらなければならないことがたくさんあるのだ。

やりたいこと・やらなければならないことの優先順位を考えながら
後回しになってしまうこともある。

なかなか…売れるかどうかはなはだ怪しい(コアなファンしか喜ばないであろう)「葬送アルバム」まで考える余地がないであろう。


それでも
希望は伝えることができた。

閣下よ、読んでくれてありがとう。



(しかし、あれはどうなりました? と、
時々はせっついてみようかな、次回の質問の場でも( ̄ー ̄) )





2/12撮。
ここが山崎まさよしや ゆずが歌った桜木町ね。


画像

















横浜に来たのは2回目。
約30年ぶり2回目。…って
久しぶりに甲子園に出る高校みたいな。

画像


















桜木町ワシントンホテルの部屋からの夜景も綺麗でした。

画像





















中華街へ。

画像



















中華街で買った、キティさんのマスコット。
かぶりものを付けたりはずしたり。できるはずが、
一度かぶると… 取れなひ(゚Д゚;)

画像






















おみやげ。
集ひがなかったら、今になって横浜に来ることもなかっただろうな。

画像

ESTピンク魔みれ IIび。

ESTのバーゲンに行ってきた。
今回はファイナルで
前回のときの閣下とまた違う閣下である。


台風が来ないうちに、慌てて行った。


閣下の声でのアナウンスも、前回と違っていたわ。

大雨の次は酷暑で、なかなか動けない日々だったが。
最終日までに何とか行けて良かったな。



半額になってたノンホールピアスをイッケ買ったよ。






(台風、被害が出ないといいな。)






やぁ!
魔た お会いできましたね(*´-`)

画像





















画像

閣下の扇子持って、中川晃教「銀河鉄道999」へ

銀河鉄道999の舞台を観に行ってきた。

なぜか持参の
サブバッグと扇子は閣下。



29日の千秋楽まで続くので内容は書かないが、


35歳(中川晃教)の星野鉄郎は可愛かった。

ホンマに可愛いし、ちゃんとしてる。


誰がやっても難しいメーテル。
色々言われてしまうだろうが
私はハルカメーテルの歌声が好きです。


そして
特筆すべきは
哀しく悲しいシャドウ役の、雅原慶さんの歌声よ。

素晴らしかったです。

(劇団四季にいたことがある方らしい)


画像


























三番街で腹ごしらえしてから行きました。
ハムハムチーズのクロワッサンサンド。

画像



















ESTのバーゲンもファイナルに突入して
閣下も違うバージョンに。
舞台終わってからだと、EST、もう閉まっていたので
外の写真だけ撮って帰りました。

画像

新ドラマ・ラストチャンスに!?

今日からテレビ大阪で
「ラストチャンス」というドラマが始まると

何気なくラテ欄を見ていて知った。

町田啓太くんも出るんだね。



最初、
パッと見たとき、あっ
はじめちとせ! ワダツミの木か?と(*´ω`*)


テレ東系だし
わざとか?と、一瞬(*´ω`*)



画像

まちがい。でも、きもちはわかる。

この年になるとね、
言い間違い、増えるね。

でも、自分の言い間違いは都合よく忘れちまうんだ。
この年になるとね。
(多すぎるせいもある?)


他人が言った言い間違いはいつまでも思い出したり。ほくそ笑んだり。


たとえば
「箱に貼るシール」を
「箱にシル、ハール」。

あるいは
「鳩サブレ」を
「さとハブレ」




書き間違い、入力ミスも多いんだ。

そして
自分のは気付くのが遅れるくせに
他人の間違いが目に留まる。


最近よく見る気がするんだよね。
「意地悪な目」が肥えて来たか?


勝手にクスッと笑って
勝手に和ませてもらっている。(失礼!)



あまりによく目にするので
集めてみました。

画像













フィ~~!






画像
















ししゃもの肌触り?





画像


















訳:「的確だから、案外いいかもしれない」(おそらく)





画像















発音がムズイ







画像














フォ~~!






画像















気持ちは伝わります。(緑ヶ丘病院)

食パン、ゲットだぜ!

食パンくわえたイタチを
追っかけて
カメラを構える おバカなYOSHIMIさん



画像


























画像

























目の前をイタチが走っていった。何かデカいものをくわえていた。
私に気づいていったん逃げたが、
こんな大物(食パン)ほっとかんやろ、と思って
ジッと待っていたらやっぱり戻って来た。ところを、撮。


ふだんは、見つけたとしてもものすご速いから、逃げ足。一瞬でいなくなる。
写真なぞなかなか。

ぬけがら

事情があったのだろう。

季節には香りで楽しませてくれていた、いつも通る区の施設の前の見事な金木犀が
先週、突然バッサリ切られていた。


梅雨が明け、

そして

切られても来るものは来る。


…も少しくらいは上に行きたかったかもしれない。


画像

ピンク魔みれ ~ESTのバーゲン~

赤い悪魔殿は今夜ブラジルとの一戦。
私はピンクの悪魔に会いに。



↓けっこうなデカさ。
画像


























きのう、梅田にあるESTのバーゲンに行きました。

ESTに着くまでにも、あちこち魔みれどころがあります。


画像






















(こちらは大阪駅構内。)
ここの閣下とはすでにこの前お会いしていたのできのうが2回目。


画像


























EST入口にもおられます。

画像

























ESTの外にも延々ピンク魔が。

画像



























建物内部にも。
(バーゲン中、館内アナウンスが30分に1回の割で
 閣下の声で流れ魔す)
買い物人が「ええっ!!! なに!?」と驚いていました(*‘∀‘)

私は派手すぎない色味のアロハシャツを買ったよ。


画像


























久しぶりに阪急三番街にも行き
(きれいになったなぁ!)
こんなものを食べたけれど
さすが梅田、オサレ! (そして高い!)(そしてヘトヘト!トホホ!)


画像

























※ESTピンクバーゲンは7/12まで。
 7/13からはピンクバーゲンファイナルが開催。
 館内に30分に1回流れる閣下の音声は、
 7/12までのバーゲンと13からのファイナルとでは違う内容らしい。



今、
携帯の魔ち受けはこれで。


画像

























それにしても
ESTも粋なオファーするね(*‘∀‘)
受けた閣下も素敵だね(*‘∀‘)

キンニク II

きのうのせいで、
肩から二の腕にかけて筋肉痛(;´д`)


きのう何があった?って?


・・・日記見ろ! きのうの。



もっとしっかりした後輪のガードを
探しに行こうと思ひます。

大阪の片隅で助けてと叫ぶ

人生において初めて知らない人に「助けてください」と言いました。


自転車での通勤途中、後輪にスカートを巻き込んでしまい、動けなくなったのです。



(後輪には「ガード」がついており、極力そんなことにはならないようになっていますが
それ以上にロングなシフォンのスカートをはいて乗ってしまったのです。
本当におバカでした。)



スカートの裾が巻き込まれ、引っ張られ
スカートのウエスト部分がずれて、半ケツのような状態で動けなく(ブラウスと、中に着たキャミソールが見えるだけだけど)。

やっとのことでサドルから腰は下ろしたのですが(その動作もなかなか難しかった)
スカートと後輪が合体してるもんだから、手を伸ばして何とか片手でハンドルを持ち、中腰で耐える。という無理な体勢。

この状態でもう片方の手で巻き込んだスカートをはずそうと試みるも、
「これは、、、 スカートを脱がない限り無理だ、、、」
(ここで脱ぐわけにもいかぬ)


とりあえず両手を使えるように、チャリのスタンドを立てたいのだけれど、それさえもできない、身動きできない状態で。


無力だ

スカートが自転車と合体したら本当に無力だ。


途方にくれる。


だがそうも言っておられない。
私は生きなければ。そして行かなければ。

意を決して
通りかかる人の方へ目を向けました。
1人が過ぎ、二人目の自転車に乗った女性に声を掛けました。

「すみません! 助けてもらえませんか!!(T T)」

女性は少し行き過ぎてから驚いた様子で停まってくれ、
こちらへ来てくれました。


そしてまず、自転車のスタンドを立ててくれました。


それから、動けない私の代わりに
絡まったスカートをひっぱってはずそうと何度も試みてくれました。

しかし
がっちり食い込んだスカートの裾は、なかなかはずれません。


そこに通りかかったオジサマ。
「どした? 取れるか?」と声をかけてきてくれました。


今度はオジサマが引っ張ることに。


なかなか頑固な食い込みでしたが
タイヤを動かしながらタイミングを見て引っ張る。また動かして引っ張る。という動作を繰り返すうち
まず少し。そしてまた少し。と
段階を経て、スカートがはずれ出しました。


最後に一気に自転車とスカートが分断されたときのうれしさよ。


私はお二人に半泣きの笑顔で何度もお礼を言いました。


スカートがはずれたうれしさと
助けていただいたうれしさと。


いろんなイヤな、つらい出来事を耳にする今日この頃に。


本当にうれしかったです。
助かりました。
ありがとうございました。



うれしさと同時に
「セカチュー」と
「半分、青い」の律と
「おおきなかぶ」を何だか思い出したよ。



女性がスカートを引っ張って
オジサマがスカートを引っ張って
うんとこしょ どっこいしょ
やっとスカートは抜けました。




☆そこから会社へ向かう際には、スカートのウエストをとにかくぐるぐる巻きあげて
「ひざちょい下」丈にして乗りました。
会社に着いて見たら、あらま裾がやぶれておりました(*´Д`) ま、そらそーだ!やっぱりね!(*´ω`)


☆物を巻き込むって本当に危ないね。
ごめんなさい。
気を付けます。



先週ぬ ねこさん

画像


三上のトークで。思えば東急へ来たもんだ(6)

6/3(日)渋谷。ユーロスペース。

いやぁ。
思えば遠くへ来たもんだ。


そして。その近くの百貨店。
助かった。

思わず東急へ来たもんだ。




この年になるとさ。
便通のリズムが安定しなくてさ。
(こんな話ですまないね。)
(最近「エビオス錠」を飲み始めた。)

以前にも増して便秘にもなるし
ときどきおなかを壊すし。
で、やたらとおなかが張ったり。

腸内の活動機能が年とともに弱まってきてるようなのだ。

「一日一回、たんまり出る」が理想だけど。
そううまくはいかないもんだ。

一日に何度もちょこちょことトイレへ行かざるを得ないなんてこともよくある。
一回で出しきれず。
(こんな話でほんとすまない)

しかも
便秘がちだと膀胱も圧迫するから
そうでなくても頻尿に傾くお年頃なのに、さらにトイレが近くなりにけり。

もう、老いはつらいね!


いやいやいや
話を戻すと
東急百貨店。



ユーロスペースに早めに行ってとりあえず発券をし、
昼ご飯を食べ
そして再びユーロへ戻って映画を観、
三上のトークを聴いて、
渋谷をあとにしたわけであるが。


まず、ユーロで発券。
で、昼ご飯食べなくちゃ!と思ったが、その前に
あ、ここ、百貨店だったよな。と気付き、
寄ってみた。
トイレに行くために。
(レストランも見てみようと)


さすがは東急。

老舗で品があってきれいで
それで空いている!

(7階には書店=丸善&ジュンク堂書店=も入っている。)


ヨカッタ。
助かった。
助かった。

それからいったんそこを出て、昼ご飯を食べたが、
そのあとも、
そして
映画を観て三上を見てユーロを出たあとも

都合3回も利用させてもらった。
この日、おなかが張って困ってたのだ。


こーゆー時、
けっこう時間がかかってしまふので
すいてるトイレは本当にうれしくホッとする。

お化粧直しもできるし
ゆったりできるスペースもある。


ありがとうありがとう。


だけどごめんよ。
こんなに助かったのに
レストランはやはり値段が高そうだし1人では何だか入りづらくて
利用しなかった。

三上のトークが終わってからもう一回寄った際に
お礼に文具のところで何か買おうと7階まで行ったけど

念のため遅めに予約していた新幹線を
三上のトークの後、早めに変更し直したら
あまりゆっくりできない状況になってしまい。

売場に行ったものの、気が急いてしまい
そそくさと出ていくことになってしまった。


だから何も買わず。

ごめんよ、ごめんよ。
この恩はきっといつか。
次回行くときは何か買わせてもらいますね。


と言っても
長年生きてきて、今まで渋谷って
たぶん2、3回しか行ったことないし

今後行く予定があると良いんだけど(;´Д`)


ここから遠いんだ(/ω\)
なかなか行けないなぁ…


気持ちはあるんです。

東急は
とうきゅにありて思ふもの。



 ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆


あ、そういえば
この話の流れで、ついでの話。

おとつい、社用で行った郵便局
(一番近い郵便局でなく、銀行に行った際にたまに利用するところ)の
蔵書のチョイスについて。

待合いソファの横にあるマガジンラックに、
新聞や大人用の雑誌などとともに置いてある児童書が10冊。

そのうち「うんこ」関連の絵本が3冊。

10分の3が「うんこ」って…(´-`*)



(写メ撮ることはさすがにしなかったが
 タイトルをサッとメモりました。)


①絵本「うんちしたのはだれよ」

②「うんこのえほん うんぴ うんご うんにょ うんち」

③「うんこ!」



 ③はホンマ、そのまんまやな…(´-`*)


いやこんな話ばかりですみません。
(でも、便。切実で、そして大事よね!)






渋谷駅前の青ガエルは、キティさん仕様になっていました。

画像




















昼は結局
初めてのフレッシュネスバーガーを。
(塩レモンチキンバーガー)


画像

三上博史の。思えばトークへ行ったもんだ(5)

寺山修司 没後35周年記念映画上映会の三上博史のトークで

「ヘドウィグアンドアングリーインチ」を演じることになったときのエピソードを聞いた。


「ニューヨークで観たヘドウィグの舞台を、日本で自分でやりたいと思って」というところは聞いたことがあったが

実は
三上が日本に帰って「やりたい意思」を伝えたら、
そのときすでにヘドの日本での公演が決まりつつあった。主演も決まっていた。
三上はタッチの差で一回逃したのだ!

というところは知らなかった。
(聞いたことがあったのに忘れたのかもしれない。
 もの忘れのお年頃)
(忘れてたにせよ、初耳にせよ、新鮮な驚き!)

そして、
だがしかし、なんでかは知らないが、
なんせヘド役の方が結局降りたので(なんでだろう?だれだろう?)
「そういえば三上、やりたいって言ってたよね!?」と言われ
博史にヘドが転がり込んできたんだって!

驚きよね! (実は初耳じゃないかもだけど、驚いた!)

このミュージカル(ミュージカルというか、ライブというか)、
ほぼ一人芝居みたいなもんで。
三上がほぼずっとしゃべり続け歌い続け…ってモーレツなやつなんだけどさ。

(でもホント、
すごいよね。
転がってきてくれてありがとう!だね。)


そして
(当時、ヘドだけは受けたけど)再演というやつは基本的にやろうとは思わない。という話。


まぁわかってはいたし
あれ以上の三上のヘドウィグはないだろうし
だからありえないこと。
と思いつつ
「やっぱしもう三上のヘドウィグは見れないんだなぁ…」と
改めて突き付けられて。


いやいや
あかん。
「思い出に生きるようになったらあかん」って
それはそう思うんだ。
こないだ、どこぞの誰ぞもそんなことを言ってたな。(思い出せないのかよー! そんなお年頃。)




『あの時のこんな思い出があるからもういいや』

これが「気持ちの老い」なんだよな。

今日何をするか。
明日、何もするか。
後ろにあるものは置いて行こう。
少しでも前を向いて。1ミクロンでも。(←「少し」すぎる)



というわけで
ローソン×ゴディバのコラボスイーツ
「きのうの夜、売り切れて全然なかった」という噂をたまたま通ったローソンの店の前で思い出し、寄ってみました。
「ぎょうさん並んどるがな!」と思いつつゲットしました。
(ああ 今日のために生きたわぁ)

画像



























あの日(6/3)の
富士さん。(どこ)

画像

三上は年を重ねたスナフキン(4)

(こう並べると、しっぽが二つ!)

画像






















ビンテージ風にくたびれた黒の軽いハットに
ちょいロン毛のもしゃもしゃ髪。

シンプルな濃色のTシャツの上から
リネンの薄手ニットコートをはおり
下は下品にならないくらいダメージが少し入ったジーンズ。

足元は、ハイカットスニーカーくらいの丈の茶色い革ブーツ。


“がら”は一切ない。すべて無地。
落ち着いたトーンの色合わせで現れた三上は
「いい感じに枯れた」中年スナフキンのようだった。



もちろん「枯れた」は今はやりの。イイ意味の、である。


(自由と孤独、音楽を愛する旅人。というスナフキンの説明も、三上にしっくりくるではないか!)


ふだん、三上を見ない日が続くと
ついつい三上を「御神(ミカミ)」として神格化していってしまいがち。


だが、
生身の彼を目の当たりにしたこの日
その話すことば、笑顔は
ナチュラルに心に響き、
こちらの頬をおだやかにゆるませた。


ああ
ああ
私の目の前に、
自然体で落ち着いた大人の色気のある渋いスナフキン三上がいる。

(いや、ゴンザレス三上 氏みたいな言い回し(´-`*))




(けどよく考えたらついさっきまで
15歳の三上の全裸をスクリーンの中でさんざん見せつけられていたんだった!) (ボカシ入り)






=6/3 寺山修司 没後35周年記念 映画上映会にて=

三上のトーク、見たで!(3)

「震えたチケット申し込み」の巻


今回の旅のおともは
閣下のバッグと
ラスコーのしっぽ(押すと「バフバフ」音が鳴ります)

画像

























寺山修司 没後35周年記念 映画上映会に行ってきた。
(会期は6/2~6/7)

私が行ったのは6/3(日)。
上映後、三上博史のトークがあるという
14:30からの回である。

場所は渋谷の映画館「ユーロスペース」内の、イベントスペース「ユーロライブ」。




4月から5月にかけて片頭痛がしょっちゅう起こり
特に5月は「たまに出ない日がある」くらいの勢いで
慢性化がはなはだしく

行きたかったイベントを諦めたり
ドタキャンを選択せざるを得なくなったり

いろいろあって

その流れでの、渋谷。
渋谷なぁ…



映画の内容もさることながら、そっちの線でも悩んだのであるが。


まぁチケットの申し込みが3日前からしかできないというので

(3日前ならかえって体調も読みやすいわな…) なあんて思ったり。




3日前が近付いてきて
チケットを申し込む決意を固め(取れたら行きたい!と)
(帰ったらまた頭痛がえらいことになる可能性も・・と思うけど。…そして案の定。)

申し込むからにはやはり前の方の席に!と思い

(本来、映画で最前って、あまり選ばないけどさ。)


3日前に突入する時間(つまり夜の12時)を正座して待って
オンラインチケットで申し込んだんだけど


ジャストにインできたけどさ

なんかもう 緊張しちゃって
手ぇが震えて、思ったより若干手間どり
タッチの差でパパッって真ん中から最前席が埋まってしまった。


(震えるなよ、手ぇ。かわいい乙女か)


で、一番前は取れなかったんだけど。


行ってみたら、イベントステージと客席はめっちゃ近くて
2列目でも十分近かったし
場内が冷房きいててけっこう寒かったので、
2列目でよかった(最前は、前がスカスカで、もっと寒かったろう)とも思った。


お隣に座っていた女性に「タッチの差で最前が取れませんでした(*´ω`)」と話すと、そのかたは

「私は一番前に座る勇気がなくて、あえて2列目を選びました」と。

(あら。あなたもかわいい(*´ω`))




ま、確かに
あの映画を一番前で
前を隔てるものがない状態で見るのはちょっと恐ろしかったかも。
人に挟まれて、2列目でちょうどよかったわ(*´Д`)(笑)


 




三上のトーク、見たな!(2)

スクープ!!

三上博史は実在した!


いやいや、あんた、
ヘドウィグでも
あわれ彼女は娼婦でも
三文オペラでも

新版 天守物語でも

タンゴ・冬の終わりにでも

実物見たやん、三上博史。



いやぁ
でもさ
ときどき確認しないとf^_^;

夢の中の人物じゃないって。
バーチャルじゃないって。



きのう、確認できました(´∀`)



今朝は、やっぱりと言いますか
起きたら症状がやばかった。

渋谷まで行ったんだ。
こうなると予想しなかったわけではないんだが。


朝は外に出られるような状態ではなかった。


しかし
限度ギリギリに使用量と間隔を守ってイミグランを使用。(2回)

何とか、何とか出社したら、何とか乗り切れた。

(朝は食べられず、昼も自信なかったから
おかゆと、梅干しもタッパーに入れて持参した(笑))



夕方以降、また不調が来つつあったが
まぁなんとか

薬がかなりいい仕事してくれたと言わざるを得ない。

(タイミングが関係してくることが多いのだが
効かない、とか、
効き目が薄い、とか
そんなことも多々あるのである)


今回は長引かないと良いが。



東京ばな奈は、私自身はそんなに好きでもないんだが
かわいいからついおみやげに買いたくなり
並んじゃう。

このチョコバナナ味の「東京ばな奈ツリー」、
品川駅で買ったが、もともとはスカイツリーのおみやげなんだね。
ヒョウ柄がかわいいね。


画像

三上博史よ、お願いだから舞台にも出てほしいよ

ハチくんは健在だった

画像
























寺山修司没後35周年記念の映画上映に行ってきた。




アングラ的でアバンギャルドと言われる作風を観に行くことは
私には少々勇気が必要だった。

それでもがんばって渋谷まで出向いたのにはわけがある。
三上博史氏のトークの回があったからだ。



三上のデビュー作「草迷宮」
三上の原点でもあるから観ておきたい!
が、
だからこそ
観るの怖いぞ!

その衝撃的な作品。

観たら夢に出るかもな…

色々ビビりながらも
覚悟を決めて臨んだ。



映画鑑賞後、すぐトークの時間。
2列めの真ん中近くで
「タンゴ・冬の終わりに」以来3年ぶりに見る生三上だった。



三上の話を聞いて
わからなかったことを知ることができたり
断片的に知っていたことがつながっていったり。




今、三上博史がちょっとだけ出演している映画
「モリのいる場所」が公開中だ。


別の主演映画もそのうち公開になるそうだ。


楽しみだね。



でもさ
今日のトークで
やっぱり舞台(お芝居)は当分予定なさそうなんだと。
それがつらいね。

てか
いつ引退しても良いくらいの感じが。・°°・(>_<)・°°・。



舞台はね、本当に
三上が死んじゃうじゃないかと心配になるくらいすごくて

死んじゃったらイヤだから無理は言えないけどさ


やっぱ素晴らしいものは素晴らしいんだよ。


1作品で3回は必ず観に行くからさ。
(3回で我慢できるかわからんけどさ)

ぜひお願いしたい。
舞台を。

応援するからさ。



無理は言えないけどさ



三上博史に会えて、ちょっと三上メーターを補充できたと同時に
「三上を舞台で観たい熱」がまたふつふつと再可燃。










ところで

今日見た寺山作品(短編など全部で4作品上映された回)
海と波と裸がやたらと出てきたなぁ←いや、そんな感想?(^^;

夢に見るかなぁ(^_^;)





(できたら出てくるのは三上氏の、にして欲しいよ…)

画像

振り返れば初めてのライスバーガー

隠れている?

画像
























めっかった?

画像




















ほえられた。

画像


























天麩羅モスを食べた。
(画像は、わかりにくいが
左が「海老の天ぷら」、右が「よくばり天・海老とかきあげ」

海老の天ぷらバーガー、けっこうなボリュームに思えたが
躊躇なく食べられた。おいしかった。

でも「バーガー」じゃないからな。
せっかくのモスのハンバーガーを食べたい気持ちの持って行き場がないっつうか。

そういえば「ライスバーガー」自体、食べたの初めてだった!

画像

















振り返ればヤツが。

画像

YOUは何しに その場所へ

まーたアンタかいな

て顔

画像































こちらも
また会ったわね!

YOUは何しにその場所へ

画像





























あっ 別人。

はじめまして!

画像




















なんだかお顔が人間ぽい?
哀愁漂うお姿。
すべて見抜かれているような気がしてくる。

画像



にゃにゃにゃ! おぬし、もしや

やぁ こんにちは。

画像




























あぁ おぬし、きのうの。
画像


































なぜ逃げる
画像





























やっぱ そこ?

画像






























あっ、キミも
きのう踊ってた子!

画像
























(逃げッ) やっぱり。
画像
























おともだち、いた!

画像


























お役目おつかれさまです。

画像

























一周回って、帰る前にさっきのところまで行ったら
ぬぬぬ、おぬし、また会ったにゃ!
では、ごきげんよう!

画像






今日も てっぱんねこさんは

今日も鉄板の上に乗っていませんでした。

画像


















そういえば最近乗ってない気が。

2月20日撮影の鉄板に乗っている画像までは
ブログに載せているが…

その後、どうだったか。
保存している画像を遡ってみる。



2月23日の画像。
乗ってないね。
画像
























しかし、3月2日の画像では、また乗っている。

画像

























3月6日には
乗っていない画像。

画像
























3月14日。
あっ 全然違う子でした!
画像



























3月17日
あっ、同じキジトラちゃんでも
この子も違いました、ねこ違い。
画像




























4月2日。
足が微妙に鉄板に?
画像






















で、次はもう
きのうの箱の上の写真だな。


今後、どうなりますことやら。


(でも、暑くなったらあまり会えないかもな(´-`))