「チャン、チャン!」 100連  金沢イボンヌ

ちゃやまちハッピーアワー祭(6)

つづき。

梅田にあるMBS(毎日放送)ビルで行われたこのイベント

その中の
芸人のど自慢大会。

(も、前置きはイイね?)


すっちー・松浦真也ペアは
「新喜劇あるある」を演りました。


「あるある」ってさ
良く考えたら
内容歌うとこ、めっちゃ字数少ないよねぇ(~_~;)

そんだけの限られたスペースに凝縮して「あるあるネタ」を入れんならん。

たいへんちゃうのん???
と今更おどろく。


そういう意味でも
やっぱりすっちーさんのリードとしゃべりは必須だね。


(オクレさんのネタ、何回聞いても笑ってしまふ。
 歩数計が… ってとこ…
 ネタばらしはこれ以上せんとこ。
決して、忘れたから書かないというわけでは(゜レ゜))


今日はどれとどれを入れて歌う。って
2人で決めたんでしょうね。


すっちーさんが先に
誰の「あるある」かを宣言するやん。
そしたらさ
松浦さん、堂々とそれを歌うのよ。

すっちーさん、今回は手に書いたカンペ見て進めてたけれども
(よけいなことは言わんでイイ。)
松浦さんはその、言われた人物を歌い出したらいいわけで。
松浦さんは順番を覚えなくても
すっちーさんのリードに任せたらよいわけで。
(いや、もちろん松浦さんも順番くらい覚えてるだろうけどさ!
よけいなことは言わんでイイ。)

松浦さんはだからこそ安心して歌える。
イイコンビだよねぇ。(エラそうなことは言わんでイイ。)



けれども。

私は本当のところ

今回

「あるある」が聴けたことよりも
プレスリーが聴けたことよりも

「チャン、チャン!」が2回も見れたことがもぉ
何よりうれしく。


いや…
見れたというか…


最前列に座っていたとはいえ
ステージ向かって左側から多少ななめに見てたわけだから
正面からちゃんと見れたわけではないんだけどね。

あの距離で
すっちー・松浦のキメの「チャン、チャン!」を2回も味わうことができたことは
もぉそれだけで…

そ、そう
「見れた」言うより「味わった」って感じ。

あの至近距離ですもの。
それだけでもう
お腹いっぱい 胸いっぱい。
「あるある」聞かずに帰っても良いくらいヽ(^。^)ノ

(・・・ってコラ!)



あ、もちろんプレスリーも見れて嬉しかったですよ。
それはそれは気持ち悪くてステキでした。
また見たいデス=^_^=

(気持ち悪いのに?)

(うんっ。)

(訊かれる前に答えときました。)



「チャン、チャン! 100連発」ってDVDが出たら
まちがいなく買ってしまう私です。

(チャン、チャン! だけなのに?)

(うんっ。)

(もはやだれも訊いてはくれまい。)



☆ おわり。 ☆


あ、
言い忘れた

松浦さんの声はめっちゃ良く通って
ほんとイイ声でした。

"「チャン、チャン!」 100連  金沢イボンヌ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント