三上は年を重ねたスナフキン(4)

(こう並べると、しっぽが二つ!)

画像






















ビンテージ風にくたびれた黒の軽いハットに
ちょいロン毛のもしゃもしゃ髪。

シンプルな濃色のTシャツの上から
リネンの薄手ニットコートをはおり
下は下品にならないくらいダメージが少し入ったジーンズ。

足元は、ハイカットスニーカーくらいの丈の茶色い革ブーツ。


“がら”は一切ない。すべて無地。
落ち着いたトーンの色合わせで現れた三上は
「いい感じに枯れた」中年スナフキンのようだった。



もちろん「枯れた」は今はやりの。イイ意味の、である。


(自由と孤独、音楽を愛する旅人。というスナフキンの説明も、三上にしっくりくるではないか!)


ふだん、三上を見ない日が続くと
ついつい三上を「御神(ミカミ)」として神格化していってしまいがち。


だが、
生身の彼を目の当たりにしたこの日
その話すことば、笑顔は
ナチュラルに心に響き、
こちらの頬をおだやかにゆるませた。


ああ
ああ
私の目の前に、
自然体で落ち着いた大人の色気のある渋いスナフキン三上がいる。

(いや、ゴンザレス三上 氏みたいな言い回し(´-`*))




(けどよく考えたらついさっきまで
15歳の三上の全裸をスクリーンの中でさんざん見せつけられていたんだった!) (ボカシ入り)






=6/3 寺山修司 没後35周年記念 映画上映会にて=

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント