閣下、あなたは知っているか。(666)

=デーモン閣下 ファンクラブの集い(東京)に参加して= (666)


ジャンケンが嫌いだった。


遊びのような顔をして
一瞬で白黒がつく残酷さ。

ドキドキも願いも言い訳も容赦なく切り捨てられてジ・エンド。


(そして、いつの間にか市民権を得た「さいしょはグー」という謎のルール)


子どものころ
姉から無邪気に「ジャンケンで決めよう!」と提案されると
「なら、私はイイや。」と
ジャンケンのドキドキに耐え切れず逃げていた。
ジャンケンで決めるくらいなら譲るよ。と。


いやいやいや…
どんだけメンタル曲がってる?




そんな精神的ジャンケン最弱王の私が
どうしたことかこの日は。

(昼の部のこと)


王様ジャンケンというのか?

閣下に勝ったものだけ残っていき、3人での最終決戦。

そしてもらった。

閣下のTシャツ。

閣下が着たおした、よれよれの。

「何か“ステンレス ナイト”みたいやな。」と閣下が思って買って着ていた。

すでによれよれになってる。

Tシャツ。

(閣下は関西弁ではありません!)




ジャンケン大会の賞品は、これだけでなく
他のものをもらった方もいます。


だけど

ももも どどど どうしたらエエのんかわからんようになって(震え声)



昼の部終わって考えた。
手提げバッグを胸に抱いて考えた。


手提げに入れてて万一忘れて帰ったら?
手提げバッグからこぼれ落ちて忘れて帰ったら?
なんやかんやで忘れて帰ったら?



昼の部の退場後、夜の部の開場までの少しの時間、
会場前で待機する私たち。
急いで持参のおやつを口にする。立ったまま。


夜の部の開場とともに最初の方に入場し、とりあえずトイレへ。

席に着き、即、
着た。Tシャツ。
着ていたブラウスの上から。無理やり。
これなら忘れへん!


その後、気付いて
「あ! ステンレスナイト!」と声をかけてくれた方、何人かあり(*´ω`)

「ステンレスナイト、当たった人」と呼ばれ(;^ω^)



閣下と握手する時間では…

迷ったけど、せっかくだから昼の部で突っ込んでくれた「河童の皿カチューシャ」はもう一度頭につけよう。
でも、
もう、デーモン河童(河童仕様の閣下のぬいぐるみ)は装着するのをやめよう。とっさに決めました。

河童の皿に、デーモン河童に、閣下イヤリングに、Tシャツに… だと、
ツッコミどころが多すぎてうざいよ。と思ったのだ。



河童の皿に、ステンレスナイトを着て

ドキドキドキ

握手の際の閣下の反応、今度は。



デーモン閣下 「 (あ!)ステンレスナイト!(笑) 河童なのに?(笑) 」


 「ありがとうございます!(*´Д`)」



よく考えたら、まったく会話になってない変な会話 ^_^;
(河童なのに? ってなに?(笑))
(そして、それに対して ありがとうございます って(^。^))

けど、閣下、喜んでくれたように思えたし(*‘∀‘)
着てよかった。


あっ喜んだのはワシか(´-`)



☆まとめ☆

  <昼の部>
   閣下 「河童か!」
   私  「河童です!」


  <夜の部>
   閣下 「ステンレスナイト! 河童なのに?」
   私  「ありがとうございます!」 



(続く かもしれない)



※「最初はグー」は、「8時だヨ全員集合」で、志村けんと仲本工事が始めたのが広まったらしい。と、娘から教わった。…って、あんたいくつ?


旅のおともはやっぱり あまおうラスカル

画像























閣下、あなたは知っていますか。
私が聖飢魔IIを聴くきっかけになった曲は「STAINLESS NIGHT」です。
この曲が街で流れているのを聴いたのが始まり。
今まで悪魔を好きでいた始まりの曲です。

(知っていますか?って、知らんがな閣下は。)


画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

面白い
ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

ぺんぺん草
2016年12月02日 14:27
閣下とのやりとり、昼休みに食堂で読んで吹き出しそうになりました(笑)
でもそうなっちゃいますよね~(*^_^*)
りゅしー
2016年12月02日 20:14
わかるー会話になってない会話(*´艸`)
2016年12月04日 14:15
握手の短時間で、なかなかうまく話せない・何を言ったらよいかわからない・全く話せない。なんてことが多い中、今回は悩まずに済みました(´ー`)

そこに至るまでの時間と経緯から実際にはいろんな意味や気持ちが含まれている、それで通じる「ヘンテコな会話」。嬉しかったです(^^)