キミの名はシュヴァルツ・カステル

ときどきアイツがやってくる。
しかしここ最近は見かけることはなかった。

野良のくろねこちんだ。



困っていた。
うちでは飼えない。

だから来てもらったら困るんだ、可愛いヤツに。


もちろん食べ物は一切与えない。
見つけたら追い払う。

それでもふと見たらまた来ている。
窓の外の狭いスペースに「チン」と座ってたり
倉庫の中に入っていたり。


猫が嫌いな匂いだという猫除けのジェル剤を
ウネウネウネ~とチューブから押し出して塗布してみた。

…結局また来ているのを何度も見た。


まぁ来ると言っても

人になついているわけではない。
スリスリ寄ってくるなんてこたない。食べ物もないし。

ただ、ものすごく人を毛嫌いしているわけでもなさそうだ。
追い払おうとすると「ギョ!」とした顔でこっちを見て身構えるが
すぐにダッシュするわけではなく
「こちらが実は大の猫好きで、実は可愛いと思っていて、決して危害は加えない。」ということを見透かされているような。


でも、だめ。飼えないし(飼われたくなさそうだし。結局逃げるし)。


こないだ、久しぶりにまた来ていたそうだ。
最近見かけないからホッとしていたが
寒い間越冬して、また来たんか。


困るよなぁ。


困るけど可愛いんだ。
けど決して甘い顔はしない。
願わくば(勝手な願いですまぬが)どこかで幸せになってほしい。


複雑な思いのまま密かに名前を付けた。

上川隆也氏の真っ黒のワンちゃんのマネして
「ノアール」がいいかな? と最初思ったが。

いかんいかん。

ノアールとか「クロ」とか「ミケ」とか「ポチ」とか
そんなわかりやすい良き名前にして、つい呼んじゃって、もしヤツが覚えてますます寄ってくるようになったらどうすんだ?


とにかくややこしい名前にしよう。
簡単には呼べないような。
ヤツが覚えてなつかないような。

そこで思いついたのが
「SCHWARZ KASTELL(シュヴァルツ カステル)」。

直訳すれば「黒い城」。


さぁ、もう来るなよシュヴァルツカステル!


…いや… やっぱ
もう少し難解な名にするかな。

もう来るなよ!『マカハンニャハラミツ シュヴァルツカステルナハト』ちゃん!
(ナハトは夜の意)


(二度とヤツの名を呼ぶな!ってか)




※「SCHWARZ KASTELL」は聖飢魔IIの曲のタイトル。 
 

画像

















※武道館の話はまだまだ続く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
かわいい

この記事へのコメント