やっとアッキーと握手

(タイトルの「やっと」は
やっと握手できたという意味ではない
やっと「アッキーと握手」が書けた」の意)

(お待たせしました!)
(待ってないと思うけど!)



2015.1.29(木)

中川晃教 ビルボード大阪ライブ

(続き)

そしてアンコールも終わり
握手への列へと並ぶ。

今回はビルボードに勤務する知人が不在だった;つД`)ので話をすることもなかったし、カクテルの会計は先に済ませておいたしで
だいぶ前のほうに並ぶことができた。

謎のご婦人’ナゾー‘の助言をもとに開演前に買ったDVDを手に持つ。

DVDのパッケージが全部黒いものだから
私の前に並んだ方にどこにサインをもらうべきかを聞いてみたりしながら
待つ。



カウンターの向こうにアッキーがいる。

だんだん近づいてきた。



カウンターの外側(つまり握手に並んでるファンのほうの側)に係のオネイサンがいる。
オネイサンは、一人がサインをもらっている間に次の番の人に「どこにサインしますか?」と聞いてくれ、スムーズに進むように助けている。

カウンターの内側にはアッキー1人いるだけだ。
だから本当に1対1のプライベートな空間を味わえる感じなのだ。
なんてドキドキの、なんて贅沢な空間なんだ・・・
いいのか? ええのんか???
すみません、ありがとう、いただきます (/・ω・)/
(ま、すぐ後ろにずらーっとファンが続いているわけではあるが。)


アッキーにDVDをケースごと渡す。

サインを書くアッキーに
「いつもメールをありがとうございます」と話しかける。

アッキーはサインの手を止め
「サンデーメール?」と問いかけ、さらに
「ファンクラブに入っていてくれてるんですね!ありがとう
とまたしても今年もキランキランのピッカピカのくっちゃくちゃの笑顔で喜びを表した。

サインを終えて
握手をしながらひとことふたこと話をした。

ワシ「楽しい時間をありがとうございました。」
アッキー「本当? よかった♪」

ワシ「また来てくださいね(^^)/」
アッキー「また来るよ

アッキーはさらにキンキラキンの笑顔で言ったのでした。


長い時間話しては悪いから
アッキーのまぶしさにクラクラしながらDVDを抱えて急いで
前方の階段を降りかけているところへ
アッキーはまだ何か… 大阪がどうのこうのと私(の後ろ姿)に向かって話しかけてくれて
(あ… まだしゃべってくれてたん?ウソ!( ゚Д゚))とびっくりして
もうびっくりしてメロメロで(笑)
めっちゃうれしかったけど、実際、はっきりと何と言ったのかわからなかったので(笑)なんとなくはわかったけど
階段を降りかけながら振り返って「はぁい!(^^)/」と適当に返事して
( ̄▽ ̄)

そうして顔も心の中も笑顔になったまま帰宅の途についたのでした。


あいつ・・・ オバハンキラーやな・・・

めっちゃかわいい・・・


近くで見るとますますめっちゃ細くてとにかく細くて

衣装がまたピッタピタの・・・
そこまでピッタピタにせんでも。ってパンツで。

タイトなジャケットに、インには白のハイネック。
だから余計にスリムに見える。

忙しそうだし心配。



だんだん文章がむちゃむちゃになってきました、すみません。


デーモン閣下に会うときは、もっと緊張するんです。


もちろんアッキーに会うのも緊張はします。
でも
笑顔を作るのがたいそう苦手な昭和な私ですが
アッキーの前では、
あの笑顔を前にすると自然に笑ってしまう。

人を幸せにする笑顔だなぁ。




でもパンツはピッタピタだったしー

そのタイトなジャケットは、背中にズラーーーっとボタンが並んでる、ちょっとおしゃれな、だいぶ変なデザインだったけど!
|д゚)


 (終わり)










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント