秘密の花園・縁・The Requiem・サクラちってサクラ咲いて…

三日間寝込んでいたら
今年も楽しみにしていた近くの小さなマンションの真っ白のさつきの満開時期が終わっていた((+_+))
いっつも見事に咲くんだよ。


こんなときだからというわけじゃないが
自分の葬式のことを考えている。

終活がさかんに言われるようになって
家族葬や生前葬など言われるようになって
生きてるうちに葬儀のことを考えるなんて不謹慎とか不吉とか
縁起でもない!と言われることは少なくなってはきたが。

それでもまだなかなか難しい面もある。


しのぶ会なんて大げさじゃなくてよいから
音楽を流して見送ってほしい。


前にも書いたが
そのときのためにデーモン閣下に葬送曲のアルバムを作ってほしいと常々思っている。

けれども叶う予定は今のところないし、一枚のアルバムでは時間的にどうかなとか考えたり。

やっぱ聖飢魔IIとデーモン閣下の曲をチョイスして音源作っておいて流してもらうしかないかな、と。


曲のチョイスでいつも途中で止まってしまう。

あれ(「秘密の花園」は入れたい、これ(「縁」)も入れたい。あとはこれとそれと
それから…どれだろう?

「ころせ!」はやっぱりやめといたほうがいいな。ジャックはやめとこ。
「正義のために」は静かに盛り上がるから曲調はいいんだけどな、
けど待てよ、これも「くたばれたわけどもよ」「ころせ!」て出てくんで!
「WINNER!」は? 「勝利者」って死んでるのにおかしい!?

そんなことを考えていたら何だかわからんようになって

好きな曲だったらもう何でもいいような気がしてきた(笑)
そしたらかえってますますチョイスが難しく。

来てくれた信者様… じゃない来てくれた参列者様は苦笑ものだろうがな。


人と違うことをするということはめんどくさいものである。
後ろ指を指されることもある。
だいたい葬儀というものをわかっていないとおっしゃる方もいるだろう。


今すぐに私が死んだら、こういう葬儀はきっと難しいと思う。
いろんなつながりやしがらみなんかがあって、残されたものがひじょうにめんどくさいことになると目に見えている。
死んでからのことなんて残されたものに任せろよ、自己満足押し付けんな。という意見もわかるし。


だから私はできればもう少し生きたいと思う。
今でもしがらみやつながりは少ない方だけれども
時代がもう少し前に行って
ワタシより年上が少なくなって
そうしてワタシが死んだとき
聖飢魔IIと閣下の曲を流して見送ってもらいたい。


一日限定です。

息子に迷惑かけないように迷惑は最小限になるように段取りを考えて葬儀屋さんに相談に行っておかなければなりません。

娘の方は無愛想で兄と仲が悪い妹ですが
この日だけは兄を手伝ってもらってバンドマンらしく音響をやってもらいましょう。(ただ音楽を流すだけなら彼女もやってくれるでしょう)

んなわけで息子と娘には私より長生きしてもらいたい。
(もともとの教育方針は「母より長生きすること」だけなんですが(~_~;)。母より長生きせんかったら恨んであの世に化けて出てやる!って。)


なんていうものの、もう少し長く生きたいと勝手に思っていたって
明日がどうなるかなんて誰にもわからない。
こんな体調が続くとなおさらそう思う。
だから準備は進めておこう。


みんなぜひ来てください。

そしてもう手放してもいいという悪魔グッズがあったらぜひ棺桶に入れてやってください。
メイク歓迎です。
楽器持込み歓迎です。
歌唱歓迎です。

あ、もちろん信者でない方もひるまずにぜひ来てください。


あー
けど
そんなお葬式
自分では見られないんだよな、当たり前か。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント