ロックオペラモーツァルト☆ルージュバージョン☆

いろんなことが起こって
チケット申し込んだは良いが
ほんとに行けるか心配だった今回の舞台。
(まぁ、今回に限らず毎回、いろいろハラハラですけどね。)

今日が私の初日でした、
「ロックオペラモーツァルト」

(※ネタバレほどのことは書かないが
 明日しか見に行かない方は読まないでくださいね)


私が今日観たのは大阪公演の2日目(中日)の夜公演
=「ルージュバージョン」
つまり
「中川晃教モーツァルト」、「山本耕史サリエリ」バージョン。

オペラを歌うめっちゃうまい人とか
めっちゃプロフェッショナルな人とか
個性的な人とか
この前デーモン閣下と一緒に仕事したAKANE LIVとか
テレビでおなじみの人とか
出てて
ン…  

おもしろかった、行けてヨカッタ(のひとことで、今日は片づける。)。

アッキーの歌、
すごかった。すごかった。

口、大きかったん。歌うとき。(知ってるけどそんなこた。 すてき)

なんか
明日のインディゴバージョン、見なくてもイイや。
なんてことまで思っちゃったくらい。

(キムラ緑子女史の胸の谷間が半端なかった。2列目で激見え)



数年前に出たロックオペラモーツァルトの原曲が入ったCD「Mozart: l'Opera Rock」を購入して
予習してから行ったことも
楽しめた要素の一つと思います。

その原曲たちはフランス語で歌詞の意味はわからなかったし
BGM 的に聞き流してただけだったけど

聴いて行ったために
聴き覚えのあるメロディーが心地よいし、のれるし、
CDとはまた違う言葉で違うアレンジで聴くのもまた新鮮で。
え!これがあの曲!とか。

まぁとにかく生で聴けるのは感動ですよね。




明日の夜公演も行きます。(結局行くんやん)
最後の最後。 千秋楽の夜です。

明日は山本モーツァ・アッキーサリエリバージョンを観ます。
(大阪公演は、昼と夜でいちいち交代すんだぜ
 モーツァとサリエリ。
 すごいぜ!
 なんつうことさせるんや)



先々週の3連休は、ずっと寝込んでおりました。

先週は人間界の宗教的行事視察のため遠征の必要があり
これが今週だったらこのお芝居も見れませんでした。
よかった。ありがたい。

だからFASCISTのライブは行けなかったんだけどさ(o|o)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント