信濃そば夫どの、こんなんどうでしょう!?

吉本新喜劇の
信濃岳夫さんは
若手の中でも物語を引っ張っていける役者さんだ。

最後までストーリーを進めて行く
(「回し」と言うらしい)役ができる人。


今後
ぶつぶつキャラで押していくのかどうするか悩むところだ。
(って、私が悩むことじゃない。)

明るくて茶目っ気があって前向きで情に厚く
でも時々暗くて繊細でマメで優しい男前の信濃さん
(ほぼ想像。)
(けど、そういう人でないと、回し役はできひんのとちゃうかな?)


ぶつぶつキャラを押して行って
ニキビに悩む人たちの希望の星になってほしい!!!
と思う反面、
そんなキャラ設定、いるんかなぁ?と思ったり。




前回(6月)の「こんなんどうでしょう!?」では
最初から最後まで出ずっぱりで話を進めながら
細かいところに機転を利かせながら
アドリブっぽいツッコミやハプニングの対処もこなした器用人。

あのときは本当は体調が絶不調だったようだ。
大きな役なのに体調管理ができなかった本人が悪いと言う人もいるかもしれないが、
彼のスケジュールはそのころ
かなり、大変、ものすごくハードだったと記憶している。

そして、なのに
その絶不調をみじんも感じさせず大役を演じきった男、信濃岳夫。



私は
4月に観た「しみけんの新喜劇でGO!GO!」の信濃さんが一番好きだ。
(初めて信濃さんを見たのがこのとき。)

松浦さんと一緒に前に出てくるときの2人が
はしゃいでるいたずらっ子のようで
とてもかわいかった。
これっぽっちも似てない「タモさん」のマネも
ひどすぎて自由すぎて大笑いだった。


(あ、
「信濃そば夫」のネーミングは
安井まさじさんの記述からの引用です

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント