明日はフォーラムミサ参拝。 ラブレターの続き、完成。

この前書いた
閣下へのラブラブレターの内容。



http://osaru-blog.at.webry.info/201012/article_8.html


あの続きがやっとできました。

明日、持参します。


閣下、みんなに見せますネ。
今回は変なことは書いてないので。


(ほぼ、まんま)



                        




デーモン閣下殿


いつもありがとうございます。

今年はこれで4通目の閣下宛“ラブラブレター”です。


信者の集い、大阪2部。参拝しました。

あのときはゴメンナサイ。
モタモタして「ルーク篁参謀殿」と書いた方の赤い薔薇を渡しそうになり
閣下に突っ込まれてしまいました。「それは参謀のだ!」と。 トホホ

背後から迫る係のオネイサンの「立ち止まらないでください」の声に焦りまくったせいと
(いや、もちろんオネイサンは悪くないです。)、そして、構成員の皆さん全員に渡したい!と
欲張ったプレゼントを、まとめておかなかったせいです。

  全員に薔薇を(和尚殿だけはひまわりにしました。似合う)。
  閣下とルークとライデンには手紙も。
  閣下にはマフラーも。



事前に閣下に言われて、手紙とプレゼントをくっつけようと、家で一応奮闘はしたんです。
でも… できるだけ小さく丸めたマフラーと、大き目の封筒と、大き目のぬいぐるみの
薔薇。形状的にくっつけるの、難しくて。

できる限りスムーズに渡せるよう、ちゃんと順番を考えて手に持ってはいたんですけど…
ゴメンナサイ。


集いに行く前は、緊張しすぎて怖くなり、ZEPPへ向かう途中で

  スカートが短すぎるんじゃないか?
  タイツが白すぎてお子ちゃまみたいじゃないか?
  雨で前髪がヘナヘナになってるんじゃないか?   アヘアヘアヘ


そんなしょうもない理由で、帰りたくなってしまいました。


始まる前から舞い上がり、全力投球しすぎていっぱいいっぱいになり、いざ本番!
って時に疲れちゃうんです。(アホです、アホすぎます)

握手のとき、モタモタしたせいで、焦った私は、結局
「閣下!」「ルーク!」「ライデン!」「和尚!」「ジェイル!」…と
呼びかけることしかできませんでした。

けれど、皆さんの御魔之手に触れることができ、手紙を直接渡せたことは
本当に幸せです。 とってもヘタレで至福の思い出になりました。


もしも明日もう一度集いがあったら
「悪魔たち、愛してるぜ」くらいは言って握手できると思います。
(ウソツキ)


さて、あとはこの手紙を持ってフォーラムの初日に息子と参拝して
私の悪魔年は終わります。


今年は
悪魔とともに
悪魔を追いかけて
悪魔に追いつこうと駆けぬけた一年でした。


大阪ミサ、名古屋ミサ、USJイベント、集い、そしてフォーラム。


悪魔曲オンリーのボーカルレッスン、
悪魔曲オンリーのバンドごっこ、
ジャックの叫びと「殺せ!」、正義のためにの「殺せ!」
新幹線、夜行バス、久しぶりのTOKYO…


昔書いていた詩(主に恋がテーマの濃~い詩)を
悪魔っぽい詩に変えて遊んだりもしました。
最初、ジョークで言われたのですが、やってみたくなり
やってみたら面白くて。

まさか今になってこの詩をこんな風に変えるなんて!!! と、
可笑しくて仕方ありませんでした。



そのときは、頭の中はおどろおどろしい言葉であふれ、
悪魔らしくなるフレーズをメモにいっぱい書き出して持ち歩いたりなんかして

(たとえば「血」一つとってみても、「血みどろ」「血まみれ」「血祭り」「血に染まる」「血の匂い」など。)

もし、今日私が外で事故や急病で倒れて病院に運ばれたら…
それでこのメモが発見されたりなんかしたら…

という妄想にかられたこともあります。

めっちゃ怪しい。「なんやねんこの人」って。

そしてワイドショーで「やっぱりそういう人だと思ってました」的コメントを、
知人から言われちゃうのかしら?なんて。




ところで私、
閣下に、前からお願いしたいことがありました。

 “葬送曲が詰まったアルバムを作って欲しい”   

『葬送大教典』 が、欲しいのです。

(「秘密の花園」と「縁」はぜひとも入れて欲しい。)


私が死んだとき、葬送の儀はできるだけ簡素にし、悪魔の曲で送ってもらいたい。
そのときにエンドレスでかけてもらえたら。

やっぱり、今の時点では、世間的にも難しい面もあると思います。
けれど、私に似ている息子なら、かなえてくれるかも。と。
(死に化粧は悪魔メイク!? さすがにそれはやめとけって息子から。 ちょっと憧れるけど。)



ところで、実は… 私の父も無宗教な人です。

私は滋賀の彦根出身。昭和10年生まれの父は今も彦根におります。

(あ! そう言えば、
三文オペラのときにお花と「ひこにゃん」を閣下と三上氏に贈ったことを思い出しました。
ハズカシ。)


無宗教な父は、自身の結婚式も「人前式」だったそうですし、
私たち娘2人は七五三詣りもナシで育ったわけで。


ここ10年くらい、父とは盆と正月に一瞬会うくらいで
電話もろくにしていなかったのですが
(電話で話すと、父はふざけたこと、腹の立つことしか言わないので、
会話が成り立たず、必ず私はイヤな思いをすることになるので)、

でも、今年の父の誕生日(8/18)に、思い切って自分から電話をかけたんです。


父は、「自分が死んだら普通の葬式はやらなくてイイ」って以前から言っていまして、
そのことに関して、少し話してみたくなったのです。


閣下のお父上も無宗教な考えの方だったこと、
ムービー「コナニシテ、フウ」のこと、
私が感じる閣下の宗教観、 悪魔教のこと、
聖飢魔Ⅱ限定復活のこと、 聖飢魔Ⅱの魅力、実力について、
など、
自分勝手に話しました。

自分からこんなにたくさん話しかけたのはいつ以来でしょうか。


70過ぎたジイサンに、悪魔のウンチクをたれる親不孝悪魔娘。


やっぱり私も父の影響は受けていると思うし

閣下のお父上とうちの父、似ているところもあるのだろうなと、
勝手に想像しています。




そうそう、
父に関してもうひとつのエピソードが。


私、「写ルンです」のときの閣下の「ほぼ等身大パネル」を、
当時住んでいた放出駅前の薬局でもらったことがあります。
もう15年以上前ですね。

いつも通る薬局に置いてあったので、そこのおじさまに
「キャンペーンが終わったらください!」と
直談判をして、いただけることになったんです。



忘れずに電話をかけてくださったときは、嬉しかったです。

(自転車で持って帰るの、タイヘンでした。)

そんな過去があるのですが、

こないだ、たまたま学生時代の友人からある事実を聞かされ、愕然としました。


私の父が、以前、
富士フィルムの観月ありさちゃんの「ほぼ等身大パネル」を
地元彦根の薬局の方にお願いしてもらって帰ったことがある。と。
よしみちゃんのお父さん、昔、自慢してたよ。って
その友人から聞かされたのです。

私の閣下のパネルより、前らしいです。

知らなかった。 ショック(>_<;)  この親にしてこの子あり。かよっ。



・:*:・゜'★,。・:*:・゜'☆・・:*:・゜'★,。・:*:・゜'☆・・:*:・゜'★,。・:*:・゜'☆・



さて、来年は、どうなっちゃうんでしょう、私。
でも今はこの楽しいおまけ(息子と参拝するフォーラムミサ)を楽しむことだけ
考えて。


こんな濃い一年は今までにありませんでした。

ドキドキは山のように。 次から次へ。



ありがとう、閣下。
そしてこれからも。
I LOVE AKUMA 



D.C.12 12月11日  
                    



                       ポリーよしみ
                         

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント