四天王寺の縁日 =大師会=

毎月21日と22日には
四天王寺というお寺で縁日が行われる。

弘法大師の月命日の21日は
「大師会」(だいしえ)


聖徳太子の月命日の22日は
「太子会」(たいしえ)


と呼ばれる縁日である。

「縁日」つっても
食べ物系の露店もあるけれど
目立つのは骨董・古道具系の店。
怪しい感じのアンティークが並んでる店、多し。

客層は
おっちゃん・おばちゃん・じいさん・ばあさん。がほとんど。

生地(特に着物)の店もけっこう出てるので
ファッション系の学生さんぽい若者はちらほらと見かける。


そんな中に混じって、ワタクシ
今日、行ってまいりました大師会。

3年ぶり4回目。。。 くらいかな???

雨が降ると聞いてたのに晴れており、とにかく暑い。
湿気が多く風もナシ。
の、人混み。で、不快指数「かなりパーセント」。

クラクラしながら歩く。

相変わらず不思議なものや変わったもん、わけのわからんもん、多し。

年季の入った破れた太鼓。 とか
古いマネキンの頭部。とか。

  すげえ


アクセサリーの店を見ようかと思って立ち止まると
隣の露店から駆け引きっぽい声が聞こえてきた。

隣は、鉄道関係の品を中心としたお宝グッズの店のようだった。

そのやり取りに耳を澄ますと

「・・・う~ん、社長。それなら、いくらなら出せるのか、
逆にそっちから言うてみて。」 (店主の声)


「じゅーに。」 (社長と呼ばれている客の声)

「う~ん、そうやなぁ ホンマええとこついてるわ」(店主の声)


じゅーに って言うのは・・・
12万円だろうか??
振り返ったけど金額はもとより
結局、どのお宝を指しての話なのかもわからず。^^;

しかし、その「社長」と呼ばれた人物は目の前にいたのではっきりと見た。

一瞬目を疑った。
「社長」はこの暑い中
真っ黒のダイビングスーツを着ていたのだ。
(いや、ダイビングスーツでなく、サイクル用のウエアだったのだと思うが。
しかし私にはダイビングスーツに見えた。)

ピタピタのダイビングスーツを着て
その上からデカめの短パンをはき、
ひげを生やし
髪は白髪のロン毛。 の、かなり背の高いジイサン。

うーーん、怪しすぎる。目立ちすぎる。


そんな怪しい光景を見ることができるので
この奇妙な縁日がスキだ。
(毎回は行こうとは思わないが。)

3年前に行ったときよりおしゃれな店が減っている感じがして
(3年前は留学生のキレイなお姉さんからかわいいアクセをいくつか買ったんだけど)
今回は前にも増して買おうと思うものはほとんどなかったが
古着の店でチュニックを2点買った。
1着500円。

画像
















今度これを着てるアタイを見かけたら

「おっ 500円の。」って
突っ込んでね。


下は大師会の様子。
普段の行いの悪い、
信心深くない私なので
あんまり撮ったらバチがあたりそうなので
ほとんど撮りませんでした。
(知らないおばちゃん、メインで映っちゃってる。ゴメ)

画像















余談ですが
四天王寺は亀がいっぱいいます。
池の中にうようよいるのを撮ろうと思ったが、
あんまり映ってない。

わかりにくいけど↓

画像

















でもまた行こ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

りゅしー
2008年06月24日 16:26
チュニックかわいい!(*´ω`*)ノ゛

いい買い物しましたね♪

カメw

カメもカワユス(*´ω`*)ノ゛

最近ぜんぜん行ってないけど
そぉぃや、あそこには
カメたんいっぱいおりましたなw
Yoshimi
2008年06月27日 23:27
翌日、さっそく着て出かけました
く(*´ー`)

カメたんは、いっぱいおるって知ってるのに、やっぱり覗き込んで確認してしまいました。