歌が上手になる魔法

歌が上手になるのに必要なこと。それはたったひとつです。何だと思いますか? 
マル秘事項です(^_-) 


答えは・・・?

「テクニック」 ?

「才能」 ??

「センス」 ???


 ・・・NO!!!

答えはネ・・・  

 回数  なんだって !!!!


この、歌が上手になるには・・・って話、

ボーカルの前の師匠、「K先生」が私に放った
もっともシンプルでもっとも印象深い
「ショーゲキの一矢」でした。

(みなさん!K先生の授業はものすごく貴重なのですゾ。
 ここまで読んだ人は、授業料払わなアカンえ
 てか、バラしてるんはアタシやな。ゴメン


K先生が言うには、

歌に必要なのは 「ソウル」 

そして
歌が上手になるのに必要なのは、
技術でも才能でもセンスでもナイ。

「回数」 
  これだけだ って。

ビックリでしょ  オドロキでしょ   ステキでしょ


「回数」??? これだけ???

ええっ  ホンマかいな  うそちゃうん

(一瞬思いました)

いいやっ  でもっ  K先生の言うことやから
きっと きっと ホンマやな

(たんじゅん。 2瞬めで・・・信じました)
(信じる者は上手になる)



そんな、そんな、
ショーゲキのK先生、= スムウキイ = のことを
今から少しずつ思い出して
書いていきたいと思います。


     つ づ く  



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

さっちゃん
2008年01月21日 23:17
回数だけ?回数だけなの?
てか、回数こなしたらうまくなるとは思うんだけど、音域広げるためにはどうしたらいいの?聞いといてー^-^
Yoshimi
2008年01月22日 13:36
(その件に関しては一言ではお答えいたしかねます。100ページくらいになりそなので、ちょっと待っててくれ! 本出すわ~) 
やっぱりアタシも同じようなこと、訊いてみたことあるんだけどね(* ̄∇ ̄*)  一言で言えたらレッスンはいらんのかもしれんけど、
今までのレッスンで学んだことから言えば、
一番大事なのは・・・
「出ない」と思い込んでノドを閉めちゃいがちになるものだから出ない! まず「出る」と思うこと。が大事みたいよ。(⌒⌒)
まゆっぺ
2008年01月22日 15:10
さすがYoshimiちゃん!!
よく学ばれてますね~
「出ないわぁ」とノドを閉めるのはダメ!に
私も一票です。
回数歌い込んで曲のイメージ(ここは抑えて、ここでふくらむ~みたいな)をふくらませて 
後は息をしっかり吸って~吐き出すぅ♪
Yoshimi
2008年01月22日 15:34
さすがまゆっぺちゃん!!! 
曲のイメージをふくらます・・・ってとこまではまだ私にはムズカシイです。でもそれが「ソウル」をこめるってことにつながるんでしょうねきっと(^^*)
こんなスペースで申し訳ないですが、お医者さま教えてくれてアリガトオ♪
く(*´ー`)
さっちゃん
2008年02月06日 00:52
閉まりきってる喉を開くにはどうしたらいいですか?
特集キボンヌ。
Yoshimi
2008年02月06日 18:15
おこたえ:①ヤマハに入会する。
     ②ノドを開いてるイメージで歌う。
     ③まゆっぺ訊く。
さっちゃん
2008年02月06日 22:55
明後日カラオケ行って実践してきます。
さっちゃん
2008年02月06日 22:55
明後日カラオケ行って実践してきます。
まゆっぺ
2008年02月07日 00:11
喉が開いてるっていうのは、あくびをしている時の状態なので、まずその状態を体で覚えてください。そしてそのまま「あ~」と声を出してみて!!地声もうら声も♪お顔はスマイルで!
慣れてきたら、自分の体を筒に見立てて・・・
で、吸い込んだ息を素直に腹から出す感じでもう一度「あ~」みたいな・・・
以前、Yoshimiちゃんが発声のこと書いてはったよね~おしりの穴の事とか・・・あれ読んで「いいなぁ」と思いましたよ。
Yoshimi
2008年02月09日 09:29
カラオケ どぉでしたか?

あくび! そうね、そんなことよく言われたなぁ。ホンマ、口の端も上あごも「キュッ!」と上げて口の「中」を開ける感じで(つまりは笑顔っぽくなる)歌うのがイイみたいね。アタシは哀しいかな必ずコワバったカオになる(--;)
発声の… 「おしりの穴のこと」って(^_^;
そ、そお? やっぱ本だそうかな。♪~( ̄ε ̄;)
これやでさっちゅん↓↓ 次回のカラオケで実践!!
http://osaru-blog.at.webry.info/200712/article_4.html
(12月5日の日記)