魅惑のデーモン’ズ ロックライブ

アンコールライブも終わったので、書いてもイイかと思い、書きます。
万一、DVDを見るまで知りたくない。などの方がいれば、
以下は見ないでくださいね。(※ネタばれあり。)

・:*:・゜'★,。・:*:・゜'☆・:・:*:・゜'★,。・:*:・゜'☆・:・:*:・゜'★,。・:*:・゜'☆・:


ステージを隠すように下ろされている白く薄い帳(とばり=まく=)に
閣下の影が妖しく浮かび上がる。


  ♪チャララ チャララー チャララ チャララー
 ダーーーン  ダーーーン  ダーーーン  ダーーーーン
(1曲目、「リフレイン オブ ラブ」 が始まる)

これがデーモン’ズ ロック ライブの始まりであった。

薄手の幕をスクリーンにして、歌っている閣下の影で1曲を見せる
という、タイヘン印象的な出だし。

ちなみに、ワタクシ、アンコールライブの名古屋(以下、「名古屋Ⅱ」と記す)では、
白幕と近すぎて影がよく見えなかった。
代わりに幕の中にいる閣下がはっきりと透けて見え、
「影を魅せるために」次々と怪しいポーズをとりながら歌う魅惑的な本人を
じっくり観察でき、2度オイシイ思いができてうれしかった。

「リフレイン オブ ラブ」は1995年の閣下のソロアルバムに収められている曲。
この曲からの「入り」はちょっと意外。
懐かしくて、けっこう覚えていて一緒に歌っている自分に気づく。

続いて「Burning Beauty」
2002年のアルバムに入っていて、私がファンクラブをやめていた時の曲。
今回の5月と6月のライブで聴いて、この曲が入っているアルバムを探し、
手に入れて聴いてアンコール公演に備えた。
(「めぐりあい」も同様に知らなかった曲。2曲とも大好きな曲になった。)

その後はガールズロックというカバーアルバムの曲に突入していった。

●参考:ガールズロック収録曲●

永遠の一秒/田村直美
限界LOVERS/ SHOW-YA
City Hunter~愛よ消えないで~/小比類巻かほる
SEVEN YEARS AFTER/ PRINCESS PRINCESS
TATOO/中森明菜
翼の折れたエンジェル/中村あゆみ
DISTANCIA~この胸の約束~/杏子
My Revolution/渡辺美里
Raspberry Dream/ REBECCA
Return to Myself/浜田麻里
六本木心中/アンルイス

(全部を歌ったわけではない。)

My Revolutionは、大阪と名古屋Ⅰでは歌っていたが、
アンコールツアーの方の神戸と名古屋Ⅱでは消滅しており、
六本木心中 に変わっていた。・・・ので、
ハラハラせずにすんだ。 ^^;
歌詞をよく間違う閣下だが、このMy Revolution に
一番苦戦していたようだったから。

(六本木心中も大迫力でノリがよくてよかったな)

その後は
自らのソロの持ち歌もあり、
他人に提供したアニメ「ブリーチ」の主題歌あり、
そして聖飢魔Ⅱの曲も合計2曲、披露されたことになる。

「文明退化の音がする」の曲に乗せたネタ的出し物も。
他人のギャグも利用しつつ
皆、大はしゃぎ。
(神戸会場では、ステージから遠く、ネタがわかりにくく
聞こえにくかった ザンネン)


どの曲がよかったか? とアンケートでも訊かれたが・・・

持ち歌はとにかくすべてすばらしい。

そして驚いたのは
レベッカの「Raspberry Dream」
レベッカとは全然違う大人なラズベリーだ。歌い上げる閣下は本当にかっこイイ。
神戸では少し声が出にくそうだったが、
2日後の名古屋Ⅱでは、歌う前に後ろで発声を試して気合を入れていた閣下。
このときのラズベリーは最高だった。

生の閣下の歌を聞くたび、
なぜCDはあんなに普通の音なんだろう?と思う。
なぜ生で聴くとあんな風になるのだろう?

「激しい曲の閣下」はやっぱり閣下らしいし、大好きなんだけど
ラズベリーやめぐりあいのようなメロディアスな曲は、
生で聴くと驚くほどの迫力と哀愁でダンゼン良い。
「めぐりあい」は覚えて神戸のとき閣下が歌うのと一緒に歌ったけれど、
名古屋のときは
歌うのもリズム取るのも忘れてただただ見とれている自分に気づいて
ハッとした


アンコールでの「限界LOVERS」(ガールズロックより)も「太陽がいっぱい」も
ノリノリで熱唱できるウレシイ曲だ。
「限界LOVERS」は SHOW-YA の曲だが
曲も歌詞も閣下にピッタリで、私たちにもしっくり来る。


そして(会場のご好意により)、お決まりの火も噴き
水も吹き
かっこいい閣下は最後までかっこいい閣下なのでした。

私さぁ。笑われそうだけどさ。
閣下の水責めはとてもウレシイんす。

これから閣下のライブに行く人には言っておきます。
閣下のライブに行くと(前で鑑賞する方の特典ですが)水をかけられます。
覚悟しておいてください。


でもね。本当のところ、こんなライブは
次にいつあるか・・・ いや、いつあるかどころか
あるかないか・・・も わからないのでありました。

最後かも。とは思いたくないけれど、
「何があるのかわからんから、最後かもしれんぞ」というある程度の覚悟は
ひっそりと心に持ちつつ、このライブに臨んだ私です。

閣下が3人くらいいたらいいのにな


   言いそびれたが、閣下のライブはトークも楽しみの一つ。
   それも含め、また次回のお話で。

   つづく   

(なお、明日の連載は休みます。ではまた

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

吾輩
2007年09月09日 13:56
前回の名古屋ライブの後「そういえば昔聴いた"ガンダム"の曲やってたよね、タイトル思えてないけど」と吾輩が言ってたのが「めぐりあい」でした。
故・井上大輔さんの曲ですね、いい曲だと思います。
Yoshimi
2007年09月09日 20:44
おお!そうでしたね。
しかし知りませんでした。ガンダムの曲! そして井上大輔氏の曲だったんだ!!
ガンダムとアレンジは違うんでしょうね。
この曲、ほんと、イイ曲ですね。身動きもせず聴き惚れました。
吾輩
2007年09月09日 21:32
YouTube、原曲探せばあるんですねえ。
http://www.youtube.com/watch?v=gL_QNu2CasM
当時の映画ガンダムⅢ映像(25年前かあ)のバックに流れています。閣下の選曲センスに感服。
ついでに、同じくガンダムⅡで井上大輔氏が歌う
テーマ曲「哀戦士」
↓ワンコーラスしかないけど
http://www.youtube.com/watch?v=p3Dvq5I-8y8
この曲もカッコよくて好きだったなあ。色々思い出させてもらってありがとうございます。
Yoshimi
2007年09月09日 22:10
スゴイ! おもしろすぎ!(>_<) お気に入りに追加してしまいましたわ。
「めぐりあい」、ちゃんとガンダムの曲してますね!!  …にしても、閣下の「めぐりあい」を聴き慣れた者には、最初のあの軽さが妙にオカシイ(^^;)
「哀戦士」もカッコイイですね! タイトルには聞き覚えがあります。印象的だし。
色々教えてもらってありがとうございます
(^^)v